せっかくなら楽しもう

投稿者:

スポーツに限ったことではありませんが、お子さんが何かやりたいと言ってきた時、その気持ちを尊重してあげることが大切です。何らかの理由でそれができない場合は仕方がありませんが、中途半端に子供の希望を聞き、そこに親のエゴを入れてしまうことがないように注意が必要。親の希望を子供に押し付けてしまうと、子供は好きでやるのではなく押し付けられて義務としてやることになるからです。これでは、せっかくお金と時間と労力をかけて行っても、良い結果は期待できなくなるかもしれません。

ですから、是非お子さんが本当にやりたいと考えているものに挑戦させてあげてください。或いは、親がお子さんにさせたいものがあるなら、その理由やメリットをちゃんと説明してからお子さんに判断させるようにしたいものです。「これをすると体が丈夫になれるから」、「これをすると足が速くなるよ、これをすると、将来役に立つよ」など、分かりやすく説明してあげましょう。

ただし、既に毎日忙しく生活しているような場合は、無理のないようによく考えてから始めるようにしたいものです。ほとんど毎日何かしらやっているようなら、慎重に選んであげてください。疲れすぎて、学校の勉強がおざなりになったりしないようにしましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket